自動車保険 更新

リスク区分の違いが各社のアピール

自動車保険の各社はそれぞれ顧客ターゲットを設けて競争をしています。

各社の特色の違いが最もよく表れるのはリスク細分の違いです。

リスク細分が各社違うため、最安の自動車保険も一人ひとりで違うことになります。

優良ドライバーであればゴールド免許割引のある自動車保険が安くなり、
ブルー免許や大きい年間走行距離だと、免許の色や走行距離で保険料が変わらないところが安くなるといった具合です。

ある人におすすめな保険が、別な人にもおすすめになるとは限りません。

これだと思える自動車保険を見つけるには、今のところ一括見積もりしかありません。

20社を超える保険会社を一つ一つ比べるのはほぼ不可能だからです。

リスクの要因がどうなのかが大切

リスクの違いに保険料に差をつける要因は「リスク要因」と呼ばれます。

リスク要因がどうなっているかによって保険の特色が全く違ってしまいます。

「免許の色」「走行距離」を取り上げて優良ドライバーや週末ドライバーを優遇するタイプもあれば、
三井ダイレクト損保のように免許の色、走行距離では保険料に差をつけないタイプもあります。


「リスク要因」として次の9つが金融庁から認められています。

年齢/性別/運転歴/使用目的/年間走行距離等/地域/自動車の種別/安全装置の有無/所有台数

自動車保険自由化を機会に、

運転歴⇒免許の色
走行距離⇒年間走行距離
使用目的⇒日常レジャー
通勤・通学、運転地域


などのリスク要因が新たに盛り込まれ、これらの区分でリスクの小さい人の保険料が割安になりました。

逆にリスクの大きい人は従来型より保険料が高くなる場合も出てきましたが、
そもそも、リスクの大きい人はそれなりの負担をするというのが本来の姿なのでしょう。

リスク細分型により、
「なぜ安全意識の低い人の分まで保険料を負担しなければならないのか」
という優良者や週末ドライバーの理不尽感が解消されるのは大切なことなのかも知れません。

リスク細分の効果は見積比較でないと分からない

自動車保険を取り扱う損保会社は数多く各社ともリスク細分が主流になっています。

リスク細分の方法は各社ごとに異なり、それぞれの特色で競争しています。

多様なリスク細分をアピールする自動車保険各社の中から自分に合ったものを探しだすのは至難の業です。

少なくとも1社1社から個別に見積を取って比べるのは不可能に近いと言っていいでしょう。

そんなときに力を発揮するのが自動車保険一括見積です。

一括見積を行なえば同条件で一番安くなる保険会社を一度の入力で知ることができます。

事故対応、現場緊急サービス、支払いスピードなどを把握しながら、見積もりの結果を各保険会社から受け取ることができます。

各社の見積りを見ながら行なう比較ほど確かなものはありません。


ローンが終わっていない車を売却する時のコツ

自動車保険 安い保険料で安心度アップ メニュー